« お知らせ:過去記事と書きこみを修正します。 | トップページ | お知らせ:書き込みをするときの注意 »

お知らせ:記事と書きこみの修正の詳細


 修正の詳細についてお知らせします。

 修正には,時間がかかります。
このため,稀に記事が読みにくくなることがあるかもしれませんのでご了承ください。

 「勧誘電話対策」という趣旨から,下記のように修正します。


1.私が書いた記事
1.1 勧誘電話の発信元に関する記事
 以下の項目から構成されている。

①会社名
②取り扱い商品
③主な担当者
④電話の頻度
⑤特記事項
⑥調査日
⑦HP

 これらのうち,①~④,⑥については,事実をありのままに書いているので,問題ないと判断し,修正は行わない。
「③主な担当者」は,一部伏字にすることで,ニフティさんからOKをいただいている。

 「⑤特記事項」は,一部,記事を修正する。

 「⑦HP」は,勧誘電話対策という趣旨から少々逸脱し,「やりすぎ」の感がある。
ただし,全面削除してしまうと,読者の方々が「勧誘電話の発信元に対する不安」を払拭することができなくなるので,この目的が損なわれることがないように下記のように修正する。

ⅰ)HPへの直リンクを削除する。
ⅱ)HPのコピペを削除する。
ⅲ)勧誘電話の発信元が直接分かることなく,かつ,発信元の概要をまとめた記事を追記する。

1.2 その他の記事
 法律に抵触する箇所はないと思うが,確認して問題があれば修正する。

2.読者の方々からの書きこみ
 下記の箇所を削除する。

①勧誘電話の発信元(と思われる)のHPへの直リンク
②勧誘電話の発信元を特定できるもの
③著しい誹謗中傷。営業妨害になる恐れがあるもの。
④個人名。ただし,一部伏字にするのみ。
 
 尚,削除した情報のうち,「公共の利害に関する内容」は,下記の対応を行う。

①ブログ上に書きこみを削除した旨を公開する。
②その情報を必要とする正当な理由のある希望者にだけ,電子メールで内容を公開する。


 2007/06/30 記

|

« お知らせ:過去記事と書きこみを修正します。 | トップページ | お知らせ:書き込みをするときの注意 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「コバヤシヨ○コウ」の情報がありましたらよろしくお願いします

投稿: カバ | 2007/07/06 17:28

小林洋行なら先物取引の紹介などやっています。以前私の職場にも電話がきました。興味ないと言えば大丈夫でしたので、このブログに出ていないとすれば比較的紳士的なのでしょうか。東証一部上場しており、向かいの席に座っていた横浜国大出の同僚に聞いたら信用のある会社だよ、とのこと。
ただし、先物取引は素人が手を出してはいけません。以前よく聞いた話では、最初は儲けさせてくれるので、喜んで続けて投資すると損失が出る(ことが多い)ので、穴埋めしようとどんどん投資し、額が膨らんで気が付いたときにはサラ金の借金で首が回らなくなるというパターが多かったようです。今はどうなんでしょうか。
先物取引は自分自身がきちんと知識を持って自分でやる意外はダメだと思っていた方が良いです。先物での投資信託のようなものは危険です。

投稿: アルカディアン | 2007/07/06 22:26

最新のコメントに出なくていいのですが。今更ですが小林洋行の記事はちゃんとありましたね。すみません。バックナンバーで見付けました。また、えらそうなコメント書いた後で小林洋行の事件を知りました。カバさんのコメントはそれを受けてのことですね。蛇足ながら、管理人さんの最新の記事によると、かなり圧力がかかっているようですが、冷静に対応しているようで頭が下がります。記事やコメントの削除を要求し、さもないと訴えるぞ、なんて言っていると思いますが、これはすでに脅迫罪で有罪です。相手が特定できれば必ず逮捕されます。この事実と相手の情報を警察や司法当局に提供したことに対して名誉毀損等の心配は全くありません。ひどいガセでは別でしょうが、役所は情報を絶対に漏らさないからです。もし、情報提供の事実によって名誉毀損等を言われた場合、そもそもそのことを第三者が知ることができないため、名誉毀損を言ってきた方が逆に名誉毀損罪を問われるでしょう。また、公務員の守秘義務違反の可能性が生じるため、当局に相談すれば結果的には強請った方の刑事罰が問われるはず。実際に私は、某地方法務局人権擁護委員会の委員をしている弁護士から人権擁護委員会への情報提供の事で名誉毀損だと脅迫・恐喝(未遂)を受けました。もう、呆れて頭が真っ白。自分の犯罪を指摘されたことが事実だと自分で認めたのと同じこと。こんな頭の悪いのが弁護士とは・・・弁護士免許は免罪符ではありません。さて、それらの関係者が今度は私の青いホンダライフを壊して逃げたようです。犯人もこれを読んでいるでしょうから、預言を与えましょう。あなたは必ず交通事故で氏にます。これはカミの医師です。いやなら修理代を払いなさい。現金書留で私の代理人(恐喝未遂事件のときと同じ)宛。

投稿: アルカディアン | 2007/08/17 23:20

検索してたらここにヒットしました。僕もここんとこ会社に迷惑電話がかかってきてて、それはここの他の人からの情報もありますが
「テイバンのナカ○マ」って人物です。(ライププラン・不動産投資)
めんどくさいのでこれまで適当にあしらってたんですが、ついに断って電話切ったら電話のマナーや社会人としてのマナーになんくせをつけてきます。
仕方ないので消費生活センターに対処法の伝授を依頼しましたところ、次の対応をしてくださいとの事。

1.「どちらさまですか?」ときちんとした態度で相手  の名前と社名を尋ねる。
  (これまで何度もかかってきていたとしても、そ   うしてくださいとの事)
2.その次に「会社所在地と電話番号を教えてくださ  い」ときちんとした態度で尋ねる。
【重要】この業者に限らず、なんくせをつけて絶対     言わないそうです。

3.「所在を明確にしない人とは話はできません。もう  二度と電話をしないでください」と"毅然"とした  態度で"丁寧に"回答する。
【重要】相手が激高して恫喝等してきますが、相手     のペースに一切乗らないことが重要だそう     です。
 
4.最簿に"丁寧に"「失礼いたします。」と言い、ゆ っくり電話を切る。

んで、これを実践し電話を切ると、
間髪いれずに切れまくって電話かかってきてんで、
また2.3.4を実践し電話を切ると、さらに間髪いれずにまた電話、またまた2.3.4を実践したところ「住所知っているから家に乗り込んでやる」と言い始め、(もはや脅迫)それでも2.3.4を実践し電話を切ったところ、もう掛かってきませんでした。 

その後すぐに消費生活センターにやり取りを報告し
相談。
「それで大丈夫」との回答。
「家には絶対来ないそうなので安心してください」
 とのことでした。
家に行くと警察呼ばれて逮捕されるようなことにもなりかねないことは自分たちが一番よく知っているそうです。(押し売り行為は宅建業法違反との事でした)

皆さんの役に立てばと思い書きました。皆さん気をつけましょうね。

投稿: gary | 2007/12/19 19:52

勧誘の電話を切ったら、又すぐにかかってきて、開口一番「クソババア」だって!
勧誘の電話は切るように言われていたので切った。
しかも営業の件としかいわない。
うすら笑いの感じで営業だって。何の営業なのか分からない。

投稿: おばはん | 2010/06/30 14:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82327/15602113

この記事へのトラックバック一覧です: お知らせ:記事と書きこみの修正の詳細:

« お知らせ:過去記事と書きこみを修正します。 | トップページ | お知らせ:書き込みをするときの注意 »