« 勧誘電話に関する統計:ターゲットが本当に在籍していない割合 | トップページ | 勧誘電話に関する統計:勧誘電話が多い月、逆ギレ&リダイアルする確率 »

緊急コメント:勧誘員と会ったらどうなるか?("こわい考え"復活)


 「勧誘員と会う約束をしてしまった。しかたがないので会うことにしました。」という書き込みがやたらと多い。個人的な意見としては「絶対に会ってはいけない。」であり、その理由は、すでに述べたとおりである。

 参考記事「コメント:勧誘員とは会わない方がいいと思います」
 http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon/2006/05/post_feb2.html

 しかし、記事が抽象的なせいか、これを読んでも勧誘員と会うことを選択する方がまだいるようである。どうやら"脅し方"がまだ足りないようであるので、今回は、勧誘員と会ったらどうなるかを思いっきり想像力を使って"妄想"してみたい。

以下、1年以上ぶりに"こわい考え"の封印が解かれる。
////////////////////////////////////////////////////////////

 勧誘員の事務所の扉を開け、そこであなたが見たものは・・・

・そこには"怖い 元気がいい"お兄さんがいっぱいます。一人いるだけでも十分怖いんですけど・・・。中には"指のない 指を怪我した"お兄さんもいます。

・隣の部屋から"逆ギレ勧誘電話 熱心な商品説明電話"をしている別の勧誘員の声が聞こえてきます。

・事務所の奥には、"ドスをちらつかせている りんごをむいているお兄さん"がこちらの様子をうかがっています。

・契約を断ろうとすると、お兄さんたちがあなたを取り囲んで、執拗に契約を迫ります 熱心に商品説明をします。

・「お金がないから契約できません」と断っても、「金がないなら借りればいいだろ。 金融業者を紹介します。」と言われます。

・出口の前にお兄さんが立ちはだかっているので、逃げ帰ることもできません。

・若いお兄さんが、セメントに水を注いで混ぜ始めました。事務所の片隅にはドラム缶もあります。さて、何に使うのでしょうか?


 さて、とりあえず、事務所から脱出するために商品購入の契約をしてしまったあなたは、その足で警察に向かいます。そして・・・。

・「脅迫されて、しぶしぶ契約してしまった」と騒いでみても、先方は何も脅迫していません。あなたは恐怖を感じたかもしれませんが勝手にそう思い込んだだけです。警察が介入したとしても勧誘員は、巧妙に言い訳します "真実"をありのままに述べます。

 さて、次にクーリングオフ制度を使って解約しようとします。そして・・・。

・業者はあることないこと理由をつけて、クーリングオフを拒否します。

・あなたは、事務所の"怖い雰囲気"に負けて泣き寝入りしてしまいます 業者の言い分に納得して解約を諦めます。

////////////////////////////////////////////////////////////


 これでもあなたは、勧誘員に会いますか?
 もういちどよく考えてください。

・電話ならば不快な思いをするかもしれませんが、直接会うよりは身の危険の感じ方は少ないはずです。電話ですら断ることができないあなたが、面と向かって断ることができますか?

・あなたひとり vs 複数人の勧誘員。勝てますか?

・"ホーム"と"アウェイ"。どっちが勧誘員にとって有利ですか?

※急いで書いたので、かなり文章が変かもしれません。ご了承ください。


 2006/07/23 記

|

« 勧誘電話に関する統計:ターゲットが本当に在籍していない割合 | トップページ | 勧誘電話に関する統計:勧誘電話が多い月、逆ギレ&リダイアルする確率 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 かれこれ1年以上も前の話ですが、私も勧誘員に会ってしまった1人です。いまだに不愉快な記憶ですが、皆様の参考にでもなればと思います。

 きっかけは職場への電話対応でうっかり言質を取られてしまったことで、仕方なく会うハメに。ただ、向こうが「近所の(24時間営業の)ファミレス」で会うことを要求したのに対し、長時間説伏の危険を感じたので「(自社の関連)会社の食堂」で会うようにしました。条件は「(忙しいので)話を聞くだけ。」

 当日、自分の業務の合間を見て場所に行くと、「(ナントカ)主任」とかいう肩書きの名刺の20代の男と、何の肩書きも無い名刺の中年男(明らかに上司風)が現れました。食堂で場所を決めると「この店の閉店時間まで(約2時間)しか時間が取れません。申し訳ないんですが、その後また仕事がありますので時間内でお願いします。」と断りを入れてから話を始めてもらいました。

 肝心の話ですが、業務の説明やら物件の説明やらが延々と続き、なかなか本題の物件の話に入ろうとしません。興味や契約の意思が無いことも再三言いますが、向こうは「問題点はどこにあるんですか? それがクリアされればいいんですね?」等と話を続けます。この間、中年男は黙って聞いているだけ。若い男とこちらが押し問答みたいになると「(ナントカ主任に)それはこういう話だろう。こう話を持っていかないと駄目だろう」と指導を入れたりしています。そんなこんなで時間も無くなり、こちらも業を煮やして「時間もないので、話も聞きましたし、この件は終わりにします。」といったらやっと本題の話が始まりました。が、店の閉店時間になり、こちらが契約の意思の無いことを再三言って店を出ようとすると、中年上司のほうが「この後、近くの店に行って話を聞いて下さいよ。こちらの話は全部終わってないですよ。と言って、さらに話を続けようとします。しかし、こちらは仕事もあるし話も聞きたくないし行きたくないので、食堂の前で立ち話になりました。

 あとは、中年男の独壇場。以下、こんな感じの応酬が延々続きます。 ※( )は私です。
(話を聞くだけでしょう。もう聞きましたからいいです。)
「話を聞くってことは土俵に乗るってことですよね?」
「あなたはこちらの話をどこまで理解したんですか?」
「(説明した内容や用語について質問し、答えられないことがあると)あなた全然こっちの言う事わかってないじゃないか!」

 この辺から中年男ヒートアップ。

「話を聞くって言うのは、こっちの話を全部聞いて理解した上で、それで検討しますってことじゃないんですか? だったらそっちが全部理解するまで話を全部させて下さいよ。それが礼儀とか社会の常識ってものでしょう。こんな短時間で何ができるんですか?」
(この後にも仕事があるし、もう聞きたくない。)
「このあと仕事があると言うんだったら、何時になったら空きますか? いいですよ、何時でも待ちますから。夜中でもいいですよ。」
「今日が駄目なら今度は○曜日しか空いていないから、○曜日の○時頃は空いてないんですか?」
(用事がある、と言われて)「用事があるなら空けてくれ。こっちは○○から来るんだから!」
(また来るんですか?)
「そっちが来てくれるんですか!?(逆ギレっぽく)」

 この間にも「あなた会社でそれなりの地位とかあるんでしょう? それがこんないい加減な対応するんですか? 大した事ないんですね! 見損ないましたよ! 」「言いたいことがあるなら言って下さいよ!」等々、1mくらいの距離で中年男に説教(笑)されます。

 結果的にビルの顔見知りの警備員が来てくれて「もう営業時間は終わってるんで早く出て下さい。どこの会社ですか? こういうことがあるようだと出入り禁止になるかもしれませんよ」!等と注意してくれて、追い出しをかけてくれました。当然、私はそこに残りました。
 まあ、こちらのホームグラウンドみたいな場所だったから何とか助かったようなもんですが、これがアウェイだったら絶対に助からなかったでしょう。ちなみに、その後は何の電話もありません。まあ、1人の間抜けの体験談として参考になれば幸いです。

(後日、この会社のHPに行ってみたら、中年男の役職は○○様でした。)

最後に一言:
こんな奴をベタ褒めする○血社長とかいうのも○○(字数制限なし)

投稿: 経験者 | 2006/08/03 10:12

私も勧誘員と会ってしまった一人として、経験が皆様のお役に立てたらと思い書き込ませていただきます。

最初の失敗は帰宅した時に鳴った電話を何も考えず取ってしまった事からでした。
相手はいきなり一方的に話をし始め、その最初の内容からセールスの電話だろうと思い、「そういう事には全く興味がありませんので失礼します」と言って電話を切ろうとした途端相手の態度が豹変し、
「あなた私の話をちゃんと聞いていました?人の話をちゃんと聞かずに断ろうとするなんでどういうつもりですか?勝手な思い込みで断ろうとするなんてふざけている。あなた2ちゃんねるの見過ぎですよ。そういう態度を取るのは社会人として何とも思わないんですか?・・・・・」と延々と罵倒と脅しが続き、とうとう気が動転してしまった私は話を聞くと言ってしまい、第2の失敗をしてしまいました。
それからは2時間もダラダラと一方的(こちらが口を挟むとまた態度が豹変する)に話を聞かされ、○月○日△△時に自宅に伺うと一方的に約束ですよと言って電話を切られました。
私は本当に怖くなって交番に駆け込み、それまでの事情を警察官の方にお話したら「もし来たらすぐに連絡して下さい。すぐに急行しますので安心して下さい」と言われたので、必死にお願いして帰宅しました。

そしてその相手が約束と言った時間通りに自宅に来て、呼び出しチャイムを鳴らしまくり、玄関戸をドンドンと叩きまくり、新聞受けから呼びかけ。
私がすぐに警察に連絡して、警察官の方が到着するまでの間ずっとやられました。
そしてしばらく玄関外で警察官の方とその勧誘員とのやりとりの応酬が聞こえた後、警察官の方が間に割って入ってその勧誘員と話をする事になりました。
とにかくその人は私の態度が気に入らないと言って謝れと言ってきたので、警察官の方にも説得されて不本意ながら謝りました。
それからしばらく私への罵倒が続きましたが、警察官の方の説得でようやく「二度とあなたとは関わりたくない!それなら最初からちゃんと断れ!電話も二度と取るな!」と言葉を吐き捨てて立ち去りました。

その後は警察官の方から色々アドバイスとご忠告を頂きました。
でもまだ心配だった私は警察とコンタクトを取りながら今日まで過ごしています。

でもまだその時の恐怖心は癒えていません。

私の経験から言える事は、

1.必ず住んでいる地域の警察(交番)に相談する。

2.勧誘員が来たら1対1で話さず、まず警察を呼んで間に入ってもらって話をする。

3.決して自己判断せず(自己判断しようとすると絶対に失敗します)、警察や弁護士や親族等信用出来る人に相談する。

とにかく1対1ではまともに話の通じる相手ではないですから、1人で会うのは絶対に止めましょう。

投稿: 経験者その2 | 2007/11/25 16:34


もうそろそろ披露しても大丈夫だと思うので、数年前に私が某社の営業担当に会って聞いた「年金・税金対策の投資用ワンルームマンション」の話しを紹介します。(かなり長くなります)

時間も経過しているため、所々に曖昧な点がありますが、会合時に受け取った資料=プランニングシートは、およそ次のように作られていました。

1)物件=独身用ワンルームと家族用2~4LDKが混在した新築マンション、その中の独身用ワンルーム/3000万円位(金額曖昧)。
2)マンション立地=運河沿い、窓からレインボーブリッジが見える、最寄駅から徒歩7~8分。(時間曖昧)
3)ワンルームの所有年数は30年。
4)30年間毎月必ず家賃収入がある。
5)家賃収入は30年間同一金額。
6)私の年収を800万円と推定し、初期の自己負担金を1000万円に設定。
7)収入項目=家賃収入、支出項目=ワンルーム購入費、借入金の金利および税金。
8)金融機関から約2000万円借金するが、その金利が思ったより低い。(利率忘失、確か自動車のローンより低かったと思う)
9)それまでの家賃収入の総額がそれまでの支出額を越えるのが21年目頃。(年数曖昧)
・・・・


このプランニングシートを見た私は、営業担当に対し、以下の点を突っ込みました。
(後半の{}の中は私の心の中での再突っ込みです。この場から早く逃げたかったので、一部を除き、口に出しませんでした。その後の~~は私の心理状態です。)

「4)30年間毎月必ず家賃収入がある」に対して

私:独身用ワンルームということは、例えば入居者を4年制大学の学生と仮定すると、およそ4年に1度の頻度で入居者が出て行く。独身サラリーマンだとしても、結婚すれば出て行きますよね?その都度、未入居期間が生じる可能性が有る。本当に30年間一月も欠かさず家賃収入が得られるの?

営業:未入居状態にならないよう入居者は責任持って紹介する。それでも入居者が居ない状態になったら家賃の半分程度の未入居補償が出る。

{私内心:プランでは、30年間毎月同一全額の収入が得られるようになっているんだから、未入居補償は半額じゃなくて全額出してよ。}
~~この時点では、未だ素直に営業担当の話しを聞いてました~~

(続く)

投稿: 腐乱ケン死体ン | 2008/08/29 21:45


「5)家賃収入は30年間毎月同一金額」に対して

私:今は新築だからこの家賃(金額忘失)でも入居希望者は居るでしょう。でも、築10年、築20年になった時、新築時と同じ家賃で入居希望者が現れるの?入居者が入れ替わる度、値引きのため家賃収入が減っていくというのが本当では?

営業:最近マンション価格が増加に転じており、今後新築マンションの家賃は高騰して行く。立地も良いし、このマンションの家賃が低くなる事は無い。

{私内心:今後、少子高齢化で需要人口が減っていくことを考えれば、家賃が右肩上がりに上がってくとは考えられないけどね。新築マンションの家賃が増加って、経済が上向いたことによる一時的な現象じゃないの?また経済が下向きになったら家賃も下落するんじゃないの?}
~~見解の相違、未だその程度にしか考えてませんでした~~


「6)私の年収を800万円と推定し、初期の自己負担金を1000万円に設定」に対して

私:私の年収は800万円も無く、もっと安い。3年前に労組の執行委員をやって連合の資料などを見ていたが、私のような「30歳台/製造業/平リーマン」の年収は、基本給ベースで4~500万円台が中心のはず。ここまで買いかぶられると、却って困る。

営業:一流企業に勤めていてマンションを買う人は、大体この位の年収を得ているので、この数字を使った。

{私内心:製造業に勤めている30歳の男性平リーマン、基本給ベースで年収500万の人間だと、一日平均4hは残業しないと年収800万をクリアできないぞ?もしかして、マンション投資は年収800万以上の人でないとメリット無いということか?}
~~この辺から営業担当の話しを疑い出しました~~

(続く)

投稿: 腐乱ケン死体ン | 2008/08/29 21:49


「7)収入項目=家賃収入、支出項目=ワンルーム購入費、借入金の金利および税金」に対して

私:支出項目には、先の3つ以外にも、マンションなら管理費や修繕費積み立てなどが必要なはず。金融機関から住宅購入資金を借りるには火災保険に入るのも条件だから、その掛け金も必要では?

営業:(「家賃収入」の)数字は、貴方が家賃の中から得る収入の金額。入居者が払う家賃の金額ではない。管理費などは大した金額で無いから、家賃収入に上乗せして入居者に払わせれば良い。

{私内心:コレ聞かなかったら「家賃収入=入居者が支払う家賃」と誤解してたぞ!入居者が払う家賃は幾らになるんだよ!家賃が分からないと、設定家賃が世間相場と比較して高いか安いかも分からず、プランが妥当か判断できないぞ!まさか、マンションでは管理費などの支出が別途必要になることを隠すため、「家賃収入=家賃の中から得る収入の金額」にしたんじゃないだろうな?私が知っているのは管理費、修繕費積み立て、保険料だけ、だけど、他に何の出費が必要になるんだ?}
~~これが決定打になり、営業担当の話しを信じなくなりました~~


「8)金融機関から約2000万円借金するが、その金利が思ったより低い」に対して

私:今、金利が低いから買い時だって言うけど、金利が変動性のものなら、将来、金利が高くなる可能性もあるはず。また、年収が800万円も無く、初期の自己負担分1000万円が用意できないと、金融機関からの借入金額が増えるし、こんな低い金利で借金できないのでは?

営業:全ての金融機関が同じ金利ということは無い。利率が上がったら安いところに借り換えれば金利上昇のリスクは低く出来る。

{私内心:借り換え時に金融機関の審査をパスできなかったらどうすんだろうね?この利率、信販系では有り得ないな。どこの金融機関がこの利率で金貸してくれるんだろうね?}
~~マンションから興味が失せ、別のことを考えてました~~

(続く)

投稿: 腐乱ケン死体ン | 2008/08/29 22:00


「9)それまでの家賃収入の総額がそれまでの支出額を越えるのが21年目頃」に対して

私:年収が想定より低い私では、黒字化するのはもっと後になるのは明らか。下手をすると、最後にワンルームを売却してかろうじて黒字化ってとこでは?もし、手抜き工事の発覚、地震や火事による建屋の損傷、殺人や自殺などの事件発生、などがあったら、マンションの資産価値が下落し、むしろ赤字になるんじゃない?週刊誌とかで良く見る、家賃踏み倒し、夜逃げ、立退き料目当ての居座り等のトラブルがあったら赤字確定だよね?

営業:収入や借入金額などの条件が実情に合っていないなら、実情に合わせて再計算する。施工段階からちゃんと管理しているので、建屋自体に問題が生じることは有り得ない。トラブルがその部屋で起こる確率は数万、数十万件に1件くらいだから心配ない。

{私内心:再計算で変な数字操作をしないでね。}
~~もう他人事(笑)~~
{私内心:問題が起こる確率云々ではなくて、問題が起こった時、どういった補償やバックアップを受けられるかを知りたかったんだけど、まあいいか。}
~~もう話しを聞くのに飽きてました(笑)~~

・・・・

とりあえずその場は、「資料を持ち帰って、現地の家賃の相場などをインターネットで調べながら検討してみる」と言い訳して、会ってから1時間ほどで逃げました。
翌週、営業担当から検討結果の確認の電話が来た時、私は
「借入金や所得税などを私の実情に合った数字に直し、
最初に家賃を現地相場の平均的金額+α(立地と新築であることを考慮)に設定し、
設定した家賃から必要経費を差し引いて収入を逆算する形に変更し、
支出項目に、必要経費として管理費や修繕費積立金、保険料なども算入し、
家賃を5年経過毎に漸減させる
ようにしてプランニングシートを作成し直すと、家賃と必要経費の金額の設定次第では黒字化もしなかった。今後30年間に起こり得る不確定要素とリスクを考えると、保険屋の個人年金系商品より損だと判断した。」
と伝えてお断りしました。
これに対して営業担当は、「また何か縁がありましたら・・・云々」と話した後、スンナリ電話を切ってくれました。

私が某社の営業担当に会って聞いたワンルームマンション投資の話しは以上です。

投稿: 腐乱ケン死体ン | 2008/08/29 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緊急コメント:勧誘員と会ったらどうなるか?("こわい考え"復活):

« 勧誘電話に関する統計:ターゲットが本当に在籍していない割合 | トップページ | 勧誘電話に関する統計:勧誘電話が多い月、逆ギレ&リダイアルする確率 »