« 【逆ギレ&リダイアル】クラウン | トップページ | 勧誘電話対策:"保留"のすすめ »

勧誘電話対策:逆ギレ&リダイアル攻撃を受けたときの正しい電話線の抜き方

 職場にかかってくる勧誘電話で最も恐ろしいのは、"リダイアル攻撃"である。これをやられると職場の外線電話が完全に麻痺してしまう。リダイアルされた場合は、電話を取らなければよいのだが、呼び出し音がうるさいので、このブログでは以前から電話線を抜くことを推奨してきた(受話器を上げてもよいが、業務用の電話の場合は、"警報音"が鳴るものもあるので、抜いたほうがよい)。
 ここで、注意しなければならないのは、職場の電話の多くは"親子"になっている点である。つまり、自分が取った電話の電話線を抜いても、事情を知らない誰かが別の電話で逆ギレ&リダイアルの電話を取ってしまうことになる。いきなり、こんな電話をとったら面食らってしまうだろう。

 勧誘員「お前今"死ね"って言っただろう。」
     (↑使いまわしですいません)

 リダイアルされた場合の正しい対処法は下記であろう。

1)一旦リダイアルしてきた電話を取り、好きなだけ逆ギレさせておく(放置)。
2)この間に親子になっている他の電話器の電話線を抜く。周囲の方にリダイアル攻撃を受けている旨を伝え、5分後に復旧するようにお願いする。
3)放置中の電話器の電話線を抜く。
4)ブラックリストに記録する。
5)"なぜ逆ギレ&リダイアルされたか"対応を反省する。
6)5分たったら電話線を復旧する。

 私の失敗談がここにある。対応は完璧だったと思っていたのたが・・・。
 最近、私の職場ではレイアウト変更があった。このため、電話線を抜くべき電話器を1台忘れていたのである。大急ぎで謝りに行った。

 不幸な方「さっき変な電話がかかってきたんだけど。分けが分かんないでさっさと切ったわ。」

 外線電話の親子関係は十分にあたまに入れておくべきであろう。

 2006/07/30 記

|

« 【逆ギレ&リダイアル】クラウン | トップページ | 勧誘電話対策:"保留"のすすめ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の逆切れ勧誘電話の経験では、
  「二度とかけてこないでください。」
  「次からお取次ぎできません。」
は、駄目で、
  「退職しました。」
  「出張中です。」
も根掘り葉掘り聞かれました。
本人が直接*慇懃無礼*に
「興味ありませんので、
お断りのご返事を差し上げまして、
電話を切らせていただきます」
の一点張りが良いと想います。
このとき、相手の言うことに
絶対に反応してはいけません。

投稿: | 2006/08/19 21:26

かかってきても机の上に受話器をおいて放置プレーしとくとどうなるかな。こいつらとしゃべる(聞く)と気分が悪くなるから、放置が一番かも。

投稿: | 2007/03/10 23:33

放置プレイは基本です。。。w
一生保留の刑。

投稿: カテキン | 2007/03/30 13:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勧誘電話対策:逆ギレ&リダイアル攻撃を受けたときの正しい電話線の抜き方:

« 【逆ギレ&リダイアル】クラウン | トップページ | 勧誘電話対策:"保留"のすすめ »