« ダイマツ | トップページ | つぶやき:「氏ね、ケンシロウ。」 »

お知らせ:いまさらながら、このブログの目的と使い方について

 いまさらながら、このブログの目的と使い方を書いてみた。

1.このブログの目的について
 このブログでは、主に私の会社にかかってきた勧誘電話について紹介している。
 会社にかかってくる勧誘電話は、内容の是非以前に仕事の邪魔である。なかには、自分の会社名を名乗らない、微妙に省略するなど非常識な電話もある。最悪なのは、こちらの受け答えに対して逆ギレしてくる輩であり、話にならないのでこちらから電話を切っても執拗にリダイアルしてくる始末である。だれが命名したのか分からないが"逆ギレ系勧誘電話"とも呼ばれているようである。
 このブログを開設したきっかけのひとつは「勧誘電話の発信元はどこなのだろうか?」という単純な疑問である。"逆ギレ系"は、当初"マル暴"関係からかかってきたと思った。しかし、調べてみるとTVCMを出していたり、有名女優をイメージキャラクターにしている比較的大きな会社が勧誘電話の発信元であることが判明した。表側の世界では若手実業家として有名な社長の会社も会社名を偽った執拗な勧誘電話をかけてくる。今は2006年だが、世相は世紀末である。
 このブログの主な目的をまとめると下記となる。

1) 勧誘電話の発信元に関する調査結果の公開
 見ず知らずの相手から勧誘電話がかかってくるということは非常に不気味である。発信元について知ることで、このブログの読者、特に、"逆ギレ系勧誘電話"の被害者の方々の不安や恐怖を多少なりとも解消できれば幸いである。

2) 勧誘電話の情報交換
 私ひとりでできることには限界がある。勧誘電話に関する情報があったら積極的に書き込んでいただきたい。あなたの書き込みがだれかの役に立つかもしれない。書き込みは匿名でOKだが、書き込みにたいする回答がしやすいのでHNぐらいはつけていただきたい。

2.このブログの使い方
 このブログの記事のタイトルは原則"勧誘電話の発信元の会社名"としている。右側の下の方に"バックナンバー""ARCHIVES"をクリックすると記事一覧を参照することができ、勧誘電話をかけてくる会社が一目瞭然である。詳細記事は、記事名をクリックすれば見ることができる。
 勧誘電話についてもっと情報が欲しい方は、バックナンバーのさらに下に"迷惑電話・勧誘電話関連サイト"へのリンクがあるのでこちらを参照していただきたい。

3.注意事項
 勧誘電話の問題は感情的になりやすい。これは、しかたがない。しかし、下記については控えていただきたい。

1) 掲載した会社への迷惑行為、誹謗中傷
 会社へのいたずら電話、いたずらメールはもってのほかである。これらの行為は"逆ギレ系"以下であり、もはや犯罪である。会社の社長のブログを荒らす方もいるようだが、あまり褒められたものでない。もちろん、このブログへの書き込みについても非常識なものは控えていただきたい。

2) リンク先の会社との不用意なコンタクト
 その会社の商品に興味があるならば問題ないが、ひやかし目的でコンタクトを取った場合、猛烈なアタックを受けることは想像に難くない。自重すべきである。

 2006/02/12:記

|

« ダイマツ | トップページ | つぶやき:「氏ね、ケンシロウ。」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

午前中11:00にまた、SRのタ○○トから電話があった。

私の声を覚えていないようなので、とりあえず「○○(私の苗字)は
複数名居りますので、部署名をお願いします。」と言ってみた。

なんと!部署名までは名簿に無いようで答えられずに下の名前を
言ってきた。

居ないと言うと「この間、電話で話した。」といってきたので、「外出し
ているので、ご用件をお伺いします。」というとガチャっと切ってくれた。

幸いリダイヤルはない。

※管理人より連絡(2006/07/01)
 個人名は伏字に修正しました。
 (ニフティ株式会社発、管理人宛警告書2006/06/29による)

投稿: 気味が悪い~ | 2006/05/15 16:52

 カンザイ(漢字不明)という業者から迷惑な勧誘が頻繁に会社にきます。
 どなたか、同じ経験や情報をお持ちの方はいませんか?

投稿: satoshi | 2006/05/20 00:50

長文なので速攻削除希望です。


親愛なる管理人さん、閲覧者の皆様に提案です

ここはこれだけの数が集まるブログです。
ぜひ気持ちをまとめませんか。

それから、このブログもまとめませんか?
(長文投稿者のくせにどの口で言えるんだか・・ですね。)

商売の実態、業者名リスト、手口(手口の最新情報動向)、
対策、出来る事出来ない事(体験談)、調査研究報告(法などの現状、抜け穴,社会の構図)
被害状況、提案、言ってすっきり愚痴文句
それぞれコーナーで。


気持ちをまとめる事が業者の最も恐れる事だと確信します。
ここを業者が気にしているのも
某スレをあらしに来るのも、そういった動きを見せないか
様子を見ているのだと思います。

この恫喝販売手法を企てた極悪人は普通の人物では有りません。
法にも世間にも(多分政治にも)精通したある種の妖怪です。

私たちは法には詳しくない。
などと言っていては相手をつけあがらせます。
(油断させるにはもってこいでしょうけど)

私たちでも学ぶ事、調べる事は出来るはずです。
一つづつクリアしていきましょう。
OKWEBなども使ってみましょう。
お題目はバラバラにならないようリードはほしいところです。

死ねと言ったら何罪?
最高ですね。


そしてまず目指すところを共有しませんか?
少なくともこの迷惑極まりない行為に
オレオレ詐欺のような名前が必要です。
仮でも命名しませんか?

いよいよまとまってきたら

◎1  とにかく被害を形にする事。

以前何かで
刺された女性が
”助けて”
と言いながらアパートをぐるりと彷徨い力尽きた

声は届いていたのに、なんと誰も助けなかった。

この事件に対し
助けの呼び方が悪い
”刺された。救急車と警察を呼んでくれ”
と言えばよい
と書いていた人がありました。

全く世も末だと思いながら
これが今の世の中の形なのかと思うと
うんざりしました。

ここは子供なんて絶対に守れる国じゃない。
すごーく危険な国なんですよね。


これが警察で、世間です。
どちらも間違っていますが
言ったところで始まりません。

こんな世の中だから悪徳業者がのさばるのは当然なのです。

だから私たちはしかるべき権力が動かざるをえないように
お膳立てをしなければなりません。
私たちは刺された彼女のように
瀕死でも
残された時間に限りがあるわけでも有りません。


出来るだけ正しい被害名と
証拠と
後ろ盾

そして何よりその規模です。
大きいと言う事を主張しなければいけません。

それを効果的にしかるべきところへまとめて訴える事です。
数がまとまるように誰でも訴えやすく形を整える事です。

政治家なら、恐れているマスコミがありそうな人、
そのマスコミの記者に働きかけたほうがいいでしょう。
訴えた先が業者に先回りされていては大変です。
法律事務所もしかりです。


そもそも被害は何か

現状、それすら定かではありません。
隙間隙間を這いまわるゴキブリのような奴らのねらいどおりです。
被害者が無ければ加害者も無いという屁理屈がまかり通っている恐れもある
何が何でも被害は被害として訴える必要がある

もちろんだまされて契約して
損失を出してしまえばこれは立派に被害。
生活が破綻してしまった人もあるかもしれません。
自己責任?あの勧誘で?まさか。

しかし被害者が表に出にくいような心理戦にも抜かりは無い。
だまされる奴は馬鹿、弱気君
などという卑劣な言葉がそうです。

契約してしまった人のその後、実態を知りたいですね
(弁護士事務所のようなところには実態がありそうです。
おそらくここはちゃんと動いています。
ただ有料ですし絶対に依頼者の情報は漏れてきません。)

どうぞ管理人さんは紳士であってください。
ここにも被害者の投稿が集まる事を祈ります。
(趣旨に反しますか?)

それ以外にも長時間粘られ恫喝恐喝されつづけた生活時間
業務時間、ストレス

会社の業務を混乱させる対応させる設備を加えさせる
金銭的時間的損失

通信というインフラが仕事の為に信用できる物ではなくなってしまった
インフラへの信頼の被害

不動産業界全体への信用の失墜

などなど


数はどのくらい推測されるのか
つまり某スレにあるように、引っかかるのが千にひとつと言うのであれば
彼らがあいも変わらずコスト的法的ハイリスクをしても電話代人件費をかけ
電話攻勢をしかけて採算が合う、やめられない程の旨み、

ぼろもうけになるだけの
利益を支えるには何人が犠牲になっているだろうと推測してみる。

その件数×1,000が電話の時間的被害と言う事になります。
旨みを得るには一社月100人の犠牲が必要であるとして
一社当り、延べ十万人/月の時間ははたして小さい物でしょうか?

ターゲットの多くは3、40代の社会の中核を支える人々です。
同じだけの時間、若者が犯罪の手先として将来ごと消費されてもいます。


一つ一つの電話被害は小さいとしても
数が膨大であった場合は社会的損失は主張できないでしょうか?

労働人口が減り、効率的社会が叫ばれ、国策ともなろう時に
これらの嫌がらせや迷惑は
いたずらの範囲で許されていいものでしょうか?

ちゃんとした会社なら
ここまでのモラルの低さは小泉政治のせいなどといってる場合でしょうか?
法が裁かないからといって
見て見ぬ振りが許されると思えますか?


法曹の方、マスコミ(SPAなどがいいと思いませんか?フットワークが軽くて)
警察の方、不動産、関連行政の方

友人にいる人はどんどん声をかけてみるべきです。
一つずつ知恵を集めましょう。

◎2 手口の解析

(手口の収集が必要ですが、これは存分にありますね。)

この手口が
何を目的とするのか
何を回避しようとしているのか(何を恐れて回避したいかが分かります。
彼らのバックグラウンドも透けてくるでしょう。
その先にアプローチすべき私たちの目的地があります。)

解析をしていきましょう。
ここにはたくさんの閲覧者がいるのです。


何を恐れていないのか(警察なんかはへでもないようです。)

※権威主義の警察には、
相変わらずなめられてますね。
ここまで馬鹿にされて、なんとも思わないですか?
と言うアプローチのほうが効くかもしれません。

ですから警察のあきれた対応こそあわせて投稿をうながすべきです。
名前は控えてあるよと分かるように。

しかしあくまで
警察にまで心理的苦痛(二次被害)を受けてしまった
くらいにして
ここでも警察への罵倒は避けましょう
最終的には守ってもらわないといけません。

○ 加えて、

末端実行犯の加害者の人にも温かいフォローをしましょう。

たとえば
オウム真理教の実行犯は洗脳されていたにも拘らず
死刑を宣告されています。

おいしい汁を吸う極悪人のために
自分が犯罪者になるリスクを負わされている、だまされていると気付かせなければ。

たとえ仕事が無いからと言って
たとえ殴られるからと言って

(分かってやっているならそれはそれで気の毒ですが)
自分がしている事の言い訳にはなりません。

気付いていないなら一刻も早く足を洗うべきだと
未来をも危うくするキャリアであると
善意で伝えつづける事も
最低限の人の道として、大切だと思っています。

いかがでしょうか?

     ======


業者のパターンは決して複雑ではないので

○1 被害の形、名前(有効な訴え方・証拠立証方法もあわせ)
○2 手口の解析

この二点に絞込み、ある程度形になったら


何の被害か、証拠はあるか、実例はどのようなものか、テンプレートを起こし
同じ書式に書き込めるようにして
誰でも同じスタイルで閲覧者が一斉に実名でしかるべきところに届けを出す。
(ブログ上では実名は当然隠しますから絶対に証拠能力は有りません。)

ここには閲覧者が相当集まっていると言うのは間違いないのですから
数の力で、必ず効くはずです。しかも実名です。
このテンプレートが誰かの目に止まれば
今まで動かなかった者も動くかもしれません。

マスコミにもすっかりお膳立てが整って取り上げやすく
促しやすく、あおりやすいはずです。

そこまで短期間に一気に行けばしめたもの
世間の話題にしてもらうだけでもいのです。
そう思います。

この企ては安易でしょうか。

このブログの趣旨に反しますか?
そこまでする気は無いだろうと
相手はたかをくくっているので
すっかり安心しています。

それは本当にしゃくなことですこぶる不愉快です。

また、私は幸運な事にたいした被害を受けてはいません。
(社内には契約した人こそいませんが何人か被害者がいます。
しかし何もアクションを起こしていません。)
贅沢にもそれがまた余計にもどかしい。

みなさん、ファイティングポーズをとりましょう。
私には出来ない、被害者にしか出来ない
被害届を出しましょう。
どうか出して下さい。

そう促してゆけるような
流れを作ることは出来ないでしょうか?

手間がかけられるようなら
買ってしまった被害者の救済、
・・・までは無理としても情報交換の場の提供も
私たちも大いに学べますし。


奴らは私たちがもう被害者にはならない事を分かっています。
被害届を出せないだろうとたかをくくっています。
構う気など有りませんし、恐れてもいません。
ただ話が広がり
新規開拓に障る事が鬱陶しいのです。

だから業者もこのブログは構わないけど気にはなる。

数を集めている、
予防、対策がしっかりしている、
すっかり有名になっているからです。


ここや某スレを信用のならない他愛の無いくだらないブログに貶めようとする。
だから品位を落とそうとする、煽る
絶対に乗ってはなりません。
また、その類の罵倒は自作自演の可能性も相当にあります。

とにかく罵倒は控えましょう。
相手は妖怪です。
感情的になっては喧嘩にもなりません。

手先は気にしない。
擁護はしませんが彼らも妖怪の食い物と言う点では被害者です。

ここは
そういった意味でも
某スレをサポートしていく
そういう役割も期待します。

少し緩んだ感じの今こそ頑張りどころですね。


ちなみに私の会社では記録があるだけでも
私個人で一年あたりで300件以上これらの電話をさばきました。

私は営業でも総務でもないし
一日の半分くらいしか電話番できません。
全社ではこの4倍はかかっていると考えるのが順当でしょう。
15~16人のいつも決まったターゲットです。

年間200数十日の営業日。
15~6人に1200件余りの用の無い電話(もっと多いと思うなあ)
正気じゃない。

一度受けたら何時間も何日も粘るので
電話番の神経は擦り減るばかり。
お客さんの対応だけでも充分擦り減ってるのに。

確かに7月はまたすごく増えていて
先日もコバヤシヨーコーが一人怖がらせていました。
ねたが少ないので書き込みは減っているようですが
今被害者数はまた増えてるはずです。
(思う壺!!)

きっと威力業務妨害の被害届には
社長の署名は必須でしょう。
まずは自社の社長を動かすべく、大きな話題に育てる事です。

もう本当にうんざりです。
いたずらの範囲を超えています。

だから私もがんばります。


でも近頃では一見おとなしめなのがかえって心配です。

会社がそろそろ危ないし、ガードも上手になったので
家庭を狙ってるんじゃないかと
子供泣かしてるんじゃないかと


管理人様、
どうかちょっとでもこの文章にいいところがあったら
ご検討ください。

投稿: 許してあげない | 2006/08/02 16:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82327/8625189

この記事へのトラックバック一覧です: お知らせ:いまさらながら、このブログの目的と使い方について:

« ダイマツ | トップページ | つぶやき:「氏ね、ケンシロウ。」 »