« 【逆ギレ&リダイアル】トーアジュウケン | トップページ | 逆ギレ系勧誘電話の目的(喜多方市の場合) »

職場での勧誘電話対策(仙台市消費生活センターの場合)

 仙台市消費生活センターのHPに勧誘電話の対処法が掲載されていたので紹介したい。私が言いたいことがほとんど網羅されているので記事を書く手間が省けた。
 以下は、記事の抜粋である。

-------------------------------------------------------

タイトル:悪質なマンション販売

 職場に「マンションを買いませんか」という電話が、断っても断ってもかかってくる。

[事例]

 ある日職場で電話を受けると、「他に先駆けて紹介している物件がある」と、マンション販売の勧誘がはじまりました。買う気はないので「結構です」と断ったところ、「それでは契約手続に伺います」などと言われてしまい、それから毎日違う担当者が代わる代わる電話をかけてくるようになりました。手短に断っても直後に電話がかかってきて、「こんないい話なのになぜ聞かない」「断る理由を教えろ」などとしつこく食い下がり、電話を切らせようとしません。最近は聞くのも面倒なので「会議なので」「外出するので」などと断っていますが、そのたびに戻ってくる時間を聞かれ、その時間に電話が再度かかってきます。もう電話で何十回断ったかわからないのですが、勧誘はやみそうにありません。仕事にも大いに支障が出ており、同僚にも迷惑をかけています。どうしたらよいでしょうか。

[対処法]

 電話勧誘販売は特定商取引に関する法律(特商法)の規制を受けており、勧誘を断った者への再勧誘は禁止されておりますが(特商法17条)、罰則がついていないこともあり、断っている消費者にしつこく勧誘を続ける、という相談が後を絶ちません。特にマンション販売については、相談件数こそ多くないものの、職場に勤務している相談者に対してその職場の機能がマヒするまで電話攻勢をかけるなど、きわめて悪質な事例が目立ちます。このように執拗な、相手を困惑させる勧誘は、宅地建物取引業法や仙台市消費生活条例においても、不適正なものとして規制されています。電話勧誘を受けたときは、

(1)「いりません」「必要ありません」「お断りします」などとはっきり断り (「いいです」「結構です」などあいまいな表現は厳禁)、すぐに電話を切りましょう。

(2)何度も勧誘をしてきたときは、執拗な勧誘は法令違反であることを告げ、すぐに電話を切りましょう。相手を説得しようとしてはいけません。相手は説得のプロですから、逆に説得されかねません。

(3)「すぐ切るのは失礼」などと言って、なおも勧誘を続けるのであれば、勧誘者の所属企業、住所、電話番号、 代表者、担当者などをひたすらおうむ返しに尋ねましょう。相手の言葉を聞く必要はありません。 相手の言葉に反応(反論)すると、相手に説得のきっかけを与えることになります。

 職場に執拗な勧誘や嫌がらせが続く場合は、日時・内容などを記録し(電話内容を録音しているとなお良い)、業務に支障が出るようなときは、威力業務妨害罪などでの警察への相談・被害届などを検討しましょう。
 なお、職場への電話勧誘は、勧誘された人個人の問題ではなく職場全体の問題として捉え、組織で対応することを心がけましょう。

(平成15年7月10日)
※平成17年3月17日更新

----------------------------------------------------------

HPアドレスはこちら
 http://www.city.sendai.jp/shimin/syouhi-c/soudan/topics16.html


 記事によると、特商法17条には、「罰則がない」そうである。なるほど、やりたい放題であるわけだ。

 2005/11/25 記

|

« 【逆ギレ&リダイアル】トーアジュウケン | トップページ | 逆ギレ系勧誘電話の目的(喜多方市の場合) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本日の昼前、職場に「エルグループ のオ○ですが●●さんいらっしゃいますか」と電話がかかりました。
最初、●●さんに取り次がれ、30分くらい「興味ないです、いりません、電話を切ります、必要ないです・・・」と必死に断りつづける社員さんの声を耳にしていた。
●●さんが電話をおくと、すぐリダイヤルで「エルグループ のオ○ですが●●さんいらっしゃいますか」とかかってきた。●●さんが「いないといって」をジェスチャーで示したので、「席をはずしております」というと、「今いらっしゃいましたよね。何分後に戻られますか」ときたので、「必要ないと言っているのでお取次ぎできません」と断ると、「おかしいじゃないですか。あなただれですか。ちゃんと電話取次ぎなさいよ」と逆ギレ。「失礼します。」といって電話を置くとさらにリダイヤル。
「オ○ですが、●●さんお願いします。」
今度は「おりません。」と答えると
「お前さっきのやつだろ!何様だお前!さっさと替われよ!」と罵倒された。
「どちら様ですか」ときくと、「さっき言っただろ!お前誰だ名前言え!名前!」
「もう一度会社名をお願いします」
「お前どういう教育されてるんだ!態度悪いな~っ!いいから替われよ!」
「折り返しお掛け直しいたしますのでお電話番号を教えて頂けますか」
「馬鹿じゃないのかお前!」
耐えかねて、ガチャッと電話を切ると次はかかってこなかった。
昼食は食べれなかった。

※管理人より連絡(2006/12/09)
 個人名は伏字に修正しました。
 (ニフティ株式会社発、管理人宛警告書2006/06/29による)

 エルグループに関する記事を作りました。今後の新規書きこみは、下記へお願いします。
 http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon/2006/12/post_a984.html

投稿: エルグループ | 2006/12/08 20:56

 借りているパソコンからなのでメルアドが書けませんがお礼を述べたくてコメントを書かせていただきます。とても参考になりました。ありがとうございました。プラチナラインや光回線の勧誘電話がしつこくて困っていました。これからもお元気で頑張って下さい。

投稿: | 2010/02/15 17:56

自分の携帯電話を常に話中にみせかける裏技(NTTドコモの場合)
転送でんわサービスを使う裏技です。(申し込み必要で月額無料)転送先を自分の電話番号に設定します。この状態で電話がかかってきた場合、その電話をさらに自分の電話機へ転送する状態になるため、通話中になるという方法です。
「携帯裏技情報」というサイトに載っていました。
見ず知らずの電話勧誘員が勧誘電話をかけてきたときにも使えますが、それだけではなく、知らない相手ではないけど電話に出たくないときも使える技です。相手が電話をかけてきても呼び出し音が鳴らず「プーップーップーッ」という音が鳴ります
簡単でお金がかからないのでお勧めです。ただしかかってくるすべての電話が話中になるため、必要のないときは電話を受けられるように転送でんわサービスの利用を停止しなければならないという労力がかかります。
詳しいやり方は以下の通りです。
話中モードの設定方法
まず、転送電話サービス(月額無料)に申込む。
  ↓
1429に電話をする
  ↓
転送先電話番号の登録/変更の「3」を押す
  ↓
転送先リストの番号を押す(番号は自分で好きに決める。はじめてなら 1でもOK)
  ↓
そして、転送電話の転送先電話番号を自分携帯の電話番号に設定する
  ↓
メインメニューに戻る
  ↓
呼び出し時間の設定/変更の「1」を押す
  ↓
呼び出し時間を「0秒」に設定
  ↓
ガイダンスを無しに設定

あとは電話を切り、1421に電話をし転送サービスを開始すればOKです
これで裏技話中モードの設定完了です

話し中モードの停止は1420で解除可能

再度開始したい時は1421でまた開始
他の固定及び携帯電話会社にもおそらく同じような転送でんわサービスがあると思います。おそらく費用がかからないので職場での導入を提案してみることをお勧めします。

投稿: ひららん | 2010/08/23 11:12

とりあえず、名刺交換を要求されたら。断り方のバリエーション。
投資用マンションの営業パーソンが、出勤または退勤途上で接触してきて、いろいろな口実で名刺交換を要求するという手口が最近流行り始めたようです。
勧誘目的でも災難ですが、防犯という視点から考えると、見ず知らずまたは正体不明の相手に名刺を渡したら、犯罪に巻き込まれる可能性も大いにあります。固くお断り申し上げ、または間髪いれずにで走って逃げ切るのが一番だと思います。
とっさの場合は「あいにく切らしておりまして」と言って、何よりも相手から走って逃げるのを最優先するのがよろしいかと思います。
すぐに逃げるのは、「後でいいので(名刺を)頂戴したい」等という相手の切り返しを聞かないため、「メモでいいのでお名前と職場と電話番号を下さい。」と言われて個人情報を盗られてしまわないためです。
できれば出退勤で自宅から職場への往復の際は、名刺を持たないほうが断りやすいです。普段は職場の机やロッカーに名刺は置いておいて、必要なときだけ持ち出すようにすれば、「あいにく切らしておりまして」と断りやすくなります。
得意先などに立ち寄るために名刺が必要な場合以外は持ってないほうが断りやすいです。
または、偽の名刺を用意して、それを渡すという方法もあります。転職経験のある方なら前職の名刺でもとりあえずOKです。但し、前の職場のから現在の職場を聞き出されてしまう可能性があるので、住所や電話番号、名称をちょこっと変えて偽名刺にしておくと安心して渡せます。
不意打ちされてもはっきりと断る自身のあるかたは、断固お断りするのもいい方法だとおもいます。「(仕事上やプライベートで)あなたとお付き合いをするつもりはありませんので、名刺交換はお断りします。」相手の出方によっては「今後このような申し出は一切なさらないで下さい」と付け加えるのもありだと思います。
勧誘する側もいろいろ考えてきますね。いたちごっこです。

投稿: ひららん | 2010/10/27 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82327/7304719

この記事へのトラックバック一覧です: 職場での勧誘電話対策(仙台市消費生活センターの場合):

« 【逆ギレ&リダイアル】トーアジュウケン | トップページ | 逆ギレ系勧誘電話の目的(喜多方市の場合) »