重要なお知らせ:コメントの公開制限について

1.これからコメントを書きこむ方へ
 2009/02/01 15:50ごろからコメントの公開を制限しています。
このため,コメントを書いた後,「送信ボタン」をクリックしても,すぐにこのブログに反映されません。
お書きになったコメントがブログ上に公開されるのは,管理人である私が内容を確認してから「公開設定」をした後になります。
公開までに数日かかることがありますのでご承知おきください。

 コメントを書くときの具体的な流れは,下記のようになります。

①コメントを書く
②「確認」ボタンをクリックする。
③内容に間違いがないことを確認したら「送信」ボタンをクリックする。
 注)コメントはブログに反映されていませんが,ちゃんと書き込まれていますのでご安心ください。

④管理人が書き込まれたコメントを公開設定する。
⑤ブログにコメントが公開される。
 公開されるまで少々お時間がかかりますがご了承ください。

[コメントを公開制限する理由]
 ご存じの方も多いと思いますが,現在,このブログは,大荒れに荒れていますので。
ただし,書き込まれたコメントは,内容が適切であれば原則公開します。
下記の注意を守って書き込んでください。

 お知らせ:書き込みをするときの注意
 http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon/2007/07/post_60b3.html

2.過去のコメントについて
 過去に書き込まれた不適切なコメントを非公開にします。
あまりにも読みにくくなっていますので。

3.最後に
 削除されて困るような大事なコメントや意見は,ご自身のHPかブログに書いてください。
「ココログ」ならば,無料のプランもあります。

 @nifty ココログ
 http://www.cocolog-nifty.com/

| | コメント (17) | トラックバック (0)

お知らせ:記事と書き込みの削除を依頼する場合について

 ブログ内の記事,または,書き込みによって権利を侵害にされた方が,管理人に記事の削除を希望される場合の対応をまとめます。

※書き込みをした本人がご自身の記事の削除を希望される場合は,別途対応いたします。

1.削除依頼を受け付ける方
 削除依頼を受け付けるのは,下記の方に限ります。

 ①権利を侵害されたとする個人の方
 ②権利を侵害されたとする法人,または,団体の代表の方(社長,取締役,総務課長など。課長職以上の方)

 ご依頼の内容によっては,削除依頼の受理を本人確認ができる場合に限定することがありますのでご了承ください。

2.削除依頼をする前に
 このブログの記事や書き込みには,公共の利害に関する内容を含んでいます。
このため,記事削除のためには,「削除依頼者の利害」「公共の利害」「執筆者の表現の自由」を調整する必要があり,削除依頼者のご希望を100%実現できないことがあります。
 また,削除依頼者の利害に関する記事や書き込みを削除した場合,「該当記事の利害に関わる個人,または,団体から管理人へ何らかの圧力があった」との風評が読者の間に広がり,削除依頼人がかえって不利益を蒙る恐れがあります。

 以上のことから,削除依頼を行う前に,下記の対応をご検討ください。

①削除依頼人のHP
 法人の方は,ご自身のHP上に,このブログの該当記事の内容を否定する記事を掲載してください。

②該当記事への書き込み
 該当記事に対して反論する書き込みを行ってください。

③反論記事の掲載
 該当記事に対して反論する記事を送付ください。
そのまま,ブログで公開します。

④該当記事へのコメント追記
 該当記事に対して,記載内容を否定する私のコメントを追記します。

3.削除依頼時の必要事項
 下記の情報をご連絡ください。

1) 削除依頼される方の情報
 ①お名前
 ②連絡先(電子メールアドレス,電話番号,住所など)

※法人,または,団体の代表として依頼される方は,下記についても連絡してください。

 ③会社名,所属部署名,役職名
 ④TDB企業コード(商号が同じである他社との混同を避けるために利用します)

2) 削除依頼箇所に関する情報
 ①該当するURL
 ②該当する箇所

3) 削除依頼する理由
 ①侵害されたとする権利
 ②権利が侵害されたとする理由

4.その他
 記事や書き込みを削除した場合,削除履歴(削除内容,削除理由など)をブログ上に残します。

 2007/07/16 記

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お知らせ:書き込みをするときの注意

 書き込みをするときの注意事項をまとめました。
書き込む前に一読ください。
注意事項を守っていない書き込みは,非公開にしたり,一部削除したりすることがありますので,ご注意ください。

 あなたの書き込みは,多くの方々に閲覧され,そして,この先何年もネット上に残ります。
「送信」をクリックする前に,このことをよく考えてください。

1.あなたの個人情報非公開の推奨
 書き込みのテンプレートには,「名前」「メールアドレス」「アドレス(URL)」の欄があります。
これらのうち,「メールアドレス」「アドレス(URL)」は,記入しなくても投稿することができます。
個人情報を積極的に公開する必要がない限り,これらは,空欄にすることを推奨します。
 また,「名前」には本名を記入しないことを推奨します。
情報や意見のやりとりを円滑に行うため,「名前」の欄は,できるだけ空欄にしないで仮名を入力するようにしてください。
適当な仮名が思い浮かばない場合は,「匿名A」などでもOKです。

2.特定の会社や個人への誹謗中傷の禁止
 誹謗中傷を書き込めば,一時的に溜飲は下がります。
しかし,ネット上にそれを公開して,あなたに利益はありますか?
書き込んだあなたが,名誉毀損罪や信用毀損罪で告訴されるリスクが発生するだけです。
管理人である私も告訴の対象になります。
 誹謗中傷は,第3者がこれを読んだ場合,気持ちのよいものでありません。

悪い例1:
 ○○社は,悪徳商法でガッポリ儲けている。

悪い例2:
 ○○,氏ね。

3.個人名公開の禁止
 個人名の公開は,プライバシー侵害の観点からプロバイダであるニフティ様から禁止されています。
どうしても個人名を書く必要がある場合は,一部伏字にしてください。

 この件に関する詳細は,下記を参照ください。

 「重要記事:ニフティさんからのイエローカード」
 http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon/2006/07/post_74c9.html

4.勧誘電話の発信元に関する情報について
 下記についての公開は,自粛してください。

①HPへのリンク
②会社の所在地
③関係者の個人名


 2007/07/16 記

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お知らせ:記事と書きこみの修正の詳細


 修正の詳細についてお知らせします。

 修正には,時間がかかります。
このため,稀に記事が読みにくくなることがあるかもしれませんのでご了承ください。

 「勧誘電話対策」という趣旨から,下記のように修正します。


1.私が書いた記事
1.1 勧誘電話の発信元に関する記事
 以下の項目から構成されている。

①会社名
②取り扱い商品
③主な担当者
④電話の頻度
⑤特記事項
⑥調査日
⑦HP

 これらのうち,①~④,⑥については,事実をありのままに書いているので,問題ないと判断し,修正は行わない。
「③主な担当者」は,一部伏字にすることで,ニフティさんからOKをいただいている。

 「⑤特記事項」は,一部,記事を修正する。

 「⑦HP」は,勧誘電話対策という趣旨から少々逸脱し,「やりすぎ」の感がある。
ただし,全面削除してしまうと,読者の方々が「勧誘電話の発信元に対する不安」を払拭することができなくなるので,この目的が損なわれることがないように下記のように修正する。

ⅰ)HPへの直リンクを削除する。
ⅱ)HPのコピペを削除する。
ⅲ)勧誘電話の発信元が直接分かることなく,かつ,発信元の概要をまとめた記事を追記する。

1.2 その他の記事
 法律に抵触する箇所はないと思うが,確認して問題があれば修正する。

2.読者の方々からの書きこみ
 下記の箇所を削除する。

①勧誘電話の発信元(と思われる)のHPへの直リンク
②勧誘電話の発信元を特定できるもの
③著しい誹謗中傷。営業妨害になる恐れがあるもの。
④個人名。ただし,一部伏字にするのみ。
 
 尚,削除した情報のうち,「公共の利害に関する内容」は,下記の対応を行う。

①ブログ上に書きこみを削除した旨を公開する。
②その情報を必要とする正当な理由のある希望者にだけ,電子メールで内容を公開する。


 2007/06/30 記

| | コメント (5) | トラックバック (0)

お知らせ:過去記事と書きこみを修正します。

 さて,過去の記事をそのまま公開できれば私も楽ではあるが,そうはいかないようである。
 世の中には,親切な方がいるもので,こんなメールが送られてきた。

以下,ニフティさんからのメール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

○○様(←伏せます)

 平素は@nifty(アット・ニフティ)をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 突然恐縮ではございますが、このたび、お客様が開設されている下記ココログの内容につきまして、「○○社(←伏字にしました)に対する信用毀損、業務妨害にあたるのではないか」とのご連絡をいただきました。

【ココログ】
http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon

【該当箇所 1】
http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon/2007/xxxxxx.html(←伏せます)
----------------------------------------------------------------------

※ここには,該当箇所が転記されています。
 該当箇所は,ある読者の方からの書きこみです。

----------------------------------------------------------------------

【該当箇所 2】
http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon/2006/xxxxxx.html(←伏せます)
----------------------------------------------------------------------

※ここには,該当箇所が転記されています。
 該当箇所は,ある読者の方からの書きこみです。

----------------------------------------------------------------------

 信用毀損、業務妨害などの権利侵害に関しましては、現時点においては弊社側での判断が難しく、当該ココログに対しては当メールでご連絡を行う以外、規約に基づく対応をとるつもりは現状ございません

 ただ、弊社ココログサービスは原則として、開設者の自己責任のもとに、ココログの管理・運営を行っていただいており、掲載内容に関する問合せ、クレーム等については開設者ご自身で対応していただく方針でサービスを提供しております。

 今後、○○様(←伏せます)が開設されたココログの掲載内容について、権利侵害性が明確になった場合には、記載内容から無用の訴訟に巻き込まれる恐れもございます。

 不特定多数の方に閲覧される点も踏まえていただき、ココログの内容については十分ご考慮の上、掲載内容について見直しを図っていただきますようお願い申し上げます。

 最後になりますが、弊社サービスのご利用にあたっては、以下のアドレスにより今一度@nifty会員規約、ココログサービスの利用規約をご確認いただき、遵守していただきますよう宜しくお願いいたします。これらに違反した場合は、会員資格を停止する場合もございますので、十分ご注意ください。

【@nifty会員規約】
http://www.nifty.com/policy/terms.htm

【利用規約】
http://support.cocolog-nifty.com/howto/2006/03/post_ee0a.html

                                 以上

                           ニフティ株式会社
======================================================================
【お問い合わせ窓口】
http://www.nifty.com/support/madoguchi/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 
 
 確認したいことがいくつかあったので,質問してみた。
 
 
 
以下,私からニフティさんへの質問メール
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
ニフティ株式会社様

 ニフティ会員の○○(←伏せます)です。

 当方が開設いたしておりますココログの件でご迷惑おかけいたしまして,申し訳ありませんでした。
 さて,本件についての当方の認識と対応についてまとめました。
お忙しいところ申し訳ありませんが,内容をご確認していただいた上,指摘事項がありましたらご連絡をお願いします。

1.御社からのご連絡の内容について
 御社からのご連絡の内容について,当方の認識を要約します。

1)御社からのご連絡の趣旨・概要について
【要点1】
 ココログの掲載内容のうち,御社からの電子メール記載の【該当箇所1】【該当箇所2】が

 「○○社(←伏せます)に対する信用毀損、業務妨害にあたるのではないか」

という連絡が御社宛にあり,この事実を私宛に連絡した。

【要点2】
 ココログの掲載内容について、権利侵害性が明確になった場合には、無用の訴訟に巻き込まれる恐れがある。
掲載内容について見直しを図るようお願いしたい。

2)「【該当箇所1】【該当箇所2】に関する指摘を御社にされた方」の目的,ご要望について
 「【該当箇所1】【該当箇所2】に関する指摘を御社にされた方」の目的は,御社への情報提供であり,御社,および,当方に対して請求事項はない。

2.【該当箇所1】【該当箇所2】への対応について
 該当箇所に対しては,下記のように認識しています。

・○○社(←伏せます)に対する信用毀損、業務妨害に該当する可能性がある。
・公共の利害に関する内容である可能性がある。
・該当箇所を削除した場合,「○○社(←伏せます)から私に対して何らかの圧力があった」という風評が読者の間に広がり,○○社(←伏せます)がかえって不利益を蒙る恐れがある。

 現状,信用毀損などを理由とする削除依頼があった場合には,まず,下記の手順で対応をしています。
今回の該当箇所についても同様の対応を行います。

①該当箇所の内容に対して反論する書きこみを行っていただくように,削除依頼者にお願いする。
②削除依頼者が執筆した反論記事をそのまま私のブログで公開する。(希望者のみ)
③該当箇所について,記載内容を否定する私のコメントを追記する。(希望者のみ)

 尚,記事削除を強く望まれる方もいらっしゃいますが,削除依頼を受け付けるのは,権利を侵害されたとする個人の方,または,権利を侵害されたとする法人,または,団体の代表の方(社長,取締役,総務課長など)のみにさせていただいております。

3.今後のブログ運営について
 今回のご連絡を機に,これまでに作成した記事や書きこみを総点検し,不適切な箇所を修正いたします。

 -以上-

 2007年6月22日

 ニフティ会員 ○○(←伏せます)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 
 
私の質問に対するニフティさんの回答は下記である。
 
 
 
以下,ニフティさんからの回答
//////////////////////////////////////////////////////////////////////

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
○○様(←伏せます)

 @nifty(アット・ニフティ)にご連絡いただき、ありがとうございます。
 メールサポートセンター○○(←いちおう伏せます)です。

 弊社からの連絡メールにご返信いただいた内容についてですが、それぞれの
点において○○様(←伏せます)の認識に相違はございません。

 ただ、掲載内容につきましては、再度見直しを図っていただきますようお願
い申し上げます。

 ご連絡いただきありがとうございました。

               @nifty メールサポートセンター :○○(←いちおう伏せます)
======================================================================
【お問い合わせ窓口】
http://www.nifty.com/support/madoguchi/

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
 
 このブログの記事には,法律に抵触する恐れがある箇所が若干あるようである。
そこで,過去の記事の中で,勧誘電話対策という本来の目的にそぐわない箇所を修正することにした。
また,大変申し訳ないが,同様の理由から,読者の方々の書きこみも一部非公開にすることにする。

 詳細は,次の記事にて。

 (つづく)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お知らせ:「電話番の憂鬱」跡地再開発について


 「電話番の憂鬱」は終了したが,ここに巨大な廃墟が残された。
きれいさっぱりと更地にしてから,別のテーマのブログをはじめようかとも思った。
しかし,昔のイメージを払拭することは恐らく不可能であり,書きたいことも書けずに,三日坊主で終わるのがオチである。

 また,勧誘電話に関する情報が短期間にネット上から消えると,その空白を埋めるべく,第2,第3の「電話番の憂鬱」が出現する恐れがある。
だが,「電話番の憂鬱」の運営は容易ではない。
このことは,いくつかの類似のブログが次々に現れては消えていったことからも明らかである。
「電話番の憂鬱」の更新が遅かったのは,内容に細心の注意を払っていたからである。
特に,「名誉毀損罪などの法律に抵触しないように,公共性の高い重要な情報を公開する」という相反する記事を書くのは大変な作業である。
私と同じ苦労をもう一度だれかが繰り返すことを想像するのは心ぐるしい。

 また,この手のブログの運営で最も危険なのは,独善に陥ることである。
ブログが大きくなるのに比例して,この危険性は増加する。
私が言うのもなんだが,素人が中途半端に手を出すと大怪我をする恐れがある。

 そもそも,「電話番の憂鬱」は,私の記事だけで成り立っていたのではない。
その多くは,読者の書きこみによって支えられていた。
つまり,「電話番の憂鬱」は,私ひとりのものではなく,公共の財産である。

 以上の諸事情を考慮して,過去の記事は保存することにする。
ベタであるが,世の中の勧誘電話に関する情報が集まっていることにちなんで,新タイトルは,

 「新横浜勧誘電話博物館」

とする。

 しかし,開館するためには,解決すべきいくつかの問題がある。
そして,それは,「電話番の憂鬱」が本質的に抱えていた問題であった。
 
 (つづく)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[管理人の逆ギレ]
 「閉鎖する」とか「更新を終了する」とは一言も書いていませんが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2007/06/30 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「電話番の憂鬱」最終回 ~最後の憂鬱~

 「電話番の憂鬱」は,本日をもちまして終了いたします。
 長い間ありがとうございました。

 最後に,これまでにこのブログを訪れてくださった多くのみなさんへ感謝の気持ちを込めて,この桜を贈ります。
そして,皆様方が1日も早く勧誘電話から「卒業」できることをお祈りします。
勧誘電話の被害にあっている方々でけでなく,「電話の向こう側」の方々にも・・・。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[管理人に関する噂]
 管理人には,まだ大きな仕事が残っているらしい。
 それは,・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 6/28は「ニワトリの日」なんだそうです。
 毎年,ニワトリの日になったら,こんなブログがあったことを思い出していただければ,ちょっとうれしいです。
 
 
 2007/6/28 記

| | コメント (5) | トラックバック (0)

このブログはもう氏んでいる

 勧誘電話に関する記事を書き始めて,2年が過ぎようとしている。
当初は勧誘電話に関する知識は皆無であり,試行錯誤の連続であったが,ブログを続けることによって,私個人としては,下記のメリットがあった。

①勧誘電話に関する基礎知識の習得
②逆ギレ勧誘電話をはじめとするの勧誘電話の手口の明確化
③有効な勧誘電話対策のまとめ
④勧誘電話の発信元の整理,および,ブラックリストの作成
③勧誘電話対策を実践することによる,勧誘電話に煩わされる時間の大幅低減

 ブログ開設当初は,逆ギレ勧誘電話の被害事例,および,勧誘電話対策に関する質問が多数寄せられていた。
しかしながら,最近は,これらの書きこみが減少している。
この要因は,ブログ内の記事の充実や事例の増加により,ほとんどの読者は,記事を読むだけで問題解決できているためと考える。
ブログの記事を通して読者の方々にも私と同様のメリットが得られていれば幸いである。

 さて,私の近況はというと,仕事の都合により,半年以上にわたって勧誘電話から遠ざかっている。
また,職場で勧誘電話と接触する機会は当面ありそうもない。
このため,下記の事項が不可能になっている。

①実体験に基づく記事の作成
②最新の情報提供
③最新情報に基づく勧誘電話対策の提案

このブログの現状は,例えるなら,「ラーメンの食べ歩きをやめてしまった人が,昔の記憶や他のブログやHPのネタを使って書くラーメンブログ」のようなものである。
当然,質も低下する。

 このブログには,常連さんが結構多いようである。
しかし,常連の方々は,今一度,このブログへたどり着いたときのことを思い出していただきたい。
このブログを知った方の多くは,勧誘電話に困った挙句,ここにたどり着いたのだと思う。
平穏な日常を取り戻すことができた方には,このブログは無用であり,巡回コースにする必要もない。
勧誘電話に対応する時間よりも,このブログを読む時間の方が長いのでは本末転倒である。
そして,私がいちばん危惧するのは,勧誘電話問題にのめりこみすぎることである。
日常生活には,勧誘電話よりも大切なことがあるはずである。
以上のことは,このブログの常連客の筆頭格ともいえる私自身についても当てはまる。

 1年前にも同じようなことを考えていた。
しかし,記事を書こうとした当日に届いた1通のメールにより,

 http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon/2006/07/post_74c9.html

そして,このメールをきっかけに全記事を読み返すことになり,これまでに書き込まれた逆ギレ勧誘電話の深刻な被害を再認識することで息を吹き返すことになってしまった。

 http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon/2006/07/post_55b2.html

 このブログは,なにもなければ,1年前に氏んでいたわけだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[管理人からこっそり連絡]
 このブログは,まもなく「冬眠」します。
しばらく起こさないでください。

 2007/06/26 記

| | コメント (7) | トラックバック (0)

スーパーニュース動画「被害者告発 急増!マンション悪質勧誘 "逆切れ"と"恫喝"の実態」

 YouTubeに投稿されている「スーパーニュース」の動画について紹介する。
動画の中で登場するサブタイトルは,下記のように,どれもすさまじい。
どれをこの記事のタイトルにしてよいものか,ずいぶんと迷った。

 「被害者告発 急増!マンション悪質勧誘 "逆切れ"と"恫喝"の実態」
 「"逆切れ""恫喝" 追跡!マンション悪質勧誘」
 「"逆切れ"に"恫喝"マンション悪質勧誘15時間"恐怖体験"」

 さて,肝心の動画は,前編/後編に分かれている。下記から参照できる。

 前編(6:50)
 http://www.youtube.com/watch?v=oOI8BVv8r88

 後編(6:59)
 http://www.youtube.com/watch?v=d9JhT9KzEpU&mode=related&search=


以下に動画の要約と私のコメントを示す。
-------------------------------------------------
前編(6:50)

①オープニング
 それは,ありふれた勧誘電話から・・・

 業者「謝ってもらえません?」
 業者「そこまで腹くくって言っているんだろうな。」

・・・ "逆ギレ""恫喝""リダイアル" ・・・

②マンション販売の実情

③逆ギレ勧誘電話の実態
 意味不明な逆ギレの録音。


[管理人コメント]
 何度聞いても,本当に不快。
 ちなみに,逆ギレ勧誘電話についてもっと知りたい方は下記を参照してください。

 【記事目次】逆ギレ系勧誘電話の被害
 http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon/2006/08/post_ff21.html


④全国の被害
 仙台市や喜多方市のHPを紹介。


[管理人コメント]
 これらのHPは,このブログでも紹介しています。

 職場での勧誘電話対策(仙台市消費生活センターの場合)↓
 http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon/2005/11/post_1b1e.html

 逆ギレ系勧誘電話の目的(喜多方市の場合)
 http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon/2005/11/post_abb6.html


⑤Aさんの場合・・・
 ワンルームマンションの言葉巧みな勧誘について。
延々7時間の勧誘。

⑥翌日のAさんと業者とのファミレスでのやりとりにつて(前編)
 これから東京で契約したいと言い出す業者。その目的は・・・。
そして,態度を一変させる業者。

-------------------------------------------------
後編(6:59)

①翌日のAさんと業者とのファミレスでのやりとりにつて(後編)
 執拗に契約を迫る業者。

 業者「はっきり言って犯罪者?クスリとかやってる?」

 ・・・ 以下,延々と逆ギレ ・・・

ついには,警察もかけつける始末。
その後,ようやく解放されたAさんが,自宅に帰り着くと・・・。

②業者の狙いについての解説。
 村 千鶴子弁護士の解説。
「業者の事務所で行った契約には,クーリングオフ制度は適用されない。」

③入手した内部資料について元営業マンが語る。
 元営業マン「気の弱い人,電話が切れない人に営業しろと言われている。」
 元営業マン「向こうが罪の意識を感じるように持っていかなければならない。」

 再び,村 千鶴子弁護士登場。

 「客に対して威迫して困惑させることは禁止している。これは行政処分の対象になる。」

④東京都を取材
「ある事業者は投資用のマンションの執拗な勧誘で問題になっている事例はある。」
「情報を収集しているが,改善されない場合は,もっと厳しい処分を考えている。」

⑤Aさんを勧誘した業者を直撃
 「電話勧誘マニュアル」を差し出すと・・・

 業者「マニュアルは把握していない。」

 Aさんに対する契約の強要について問いただすと・・・

 業者「おっしゃっていることが本当であるかということが良く分からない」

 客を「犯罪者」呼ばわりして契約を迫ることがあるか?

 業者「いえ,それは禁止している」
 業者「もし,そのような事実があれば,営業担当についての処分は検討します。」

業者側は,会社ぐるみでの強引な勧誘は否定している。

⑥その後
 Aさんは勧誘被害に関する資料を裁判所に提出。業者との民事訴訟が始まる。

-------------------------------------------------

ナレータ:銀河万丈さん

 2007/06/05 記
 2008/03/20 記事修正
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[管理人に関する噂]
 勧誘電話ではないが,昔,面と向かって

 「クスリやってるんじゃない?」

と言われたことがあるらしい。


| | コメント (3) | トラックバック (2)

ジーゲート・ジーグループ被害者の会

[注意]
 2008/03/21に,記事を全面修正しました。
修正の理由は,本文の後ろに記載してあります。

以下,本文。
---------------------------------------------------

 こんなHPが開設されたようである。

 「ジーゲート・ジーグループ被害者の会」(2008/03/20現在,閉鎖中)
 http://1st.geocities.jp/nru05541/su/start.html

 HPの内容を拝見したところによると,被害者の会の「被害者」とは,逆ギレ勧誘電話や強引な勧誘による被害者というわけでなく,関連会社のジー・ライフ(注:かつて,ジー・グループに所属していたが,現在は属していないようである)の一部社員のことのようである。
つまり,HPの趣旨は,内部告発である。

 「逆ギレ勧誘電話」について知りたい方は,こちらへ↓
 http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon/2006/08/post_ff21.html

 彼らもある意味で被害者である。勧誘員をからかって鬱憤を晴らす方も結構多く見受けられるが,このような行為は慎むべきである。我々には勧誘電話を切る権利は当然あるが,勧誘員をからかう権利は無い。勧誘電話が鬱陶しい気持ちも分からないでもないが・・・。

---------------------------------------------------

 2007/05/23 記
 2007/06/05 記事を一部修正
 2008/03/21 記事を全面修正

[2008/03/21の記事修正の理由]
・リンク先のHPは閉鎖しており,内容を閲覧することができない。
・時間の経過に伴う情報の陳腐化。
・株式会社ジー・ゲート様(東京都新宿区,代表取締役 佐藤 宏明)から下記の主張があったため。
 (ニフティ株式会社法務部発管理人宛通知書,平成20年3月17日による)

 以下,株式会社ジー・ゲート様の主張です。
---------------------------------------------------
 「ジーゲート・ジーグループ被害者の会」と題するホームページの記載の事実の真偽を確かめることなく,安易に,それを前提として,常軌を逸した会社と評価することは侮辱である。
---------------------------------------------------

| | コメント (4) | トラックバック (3)

«震度5弱の憂鬱